« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

メル友を探すメル活

メル友を探す人が増えてきて、、最近、メル活が人気のキーワードになってきています。一昔前まで、就職活動のことを就活と呼んでいましたが、さらに、結婚活動を婚活と呼んでいましたが、それに似た言葉として、最近注目を浴びています。。

たとえば、飲み会やパーティーに参加したり、結婚相談所に登録したり、なかには、派遣で大手企業に仕事に行ったり、バーに通ったりすることも婚活と言っていた人もいました。今では、メル友募集掲示板で、メル友を探す。これが、恋人探しの第一歩なのです。それが時代です。

私のまわりには、結婚相談所に長い間、通って活動しているのに、なぜか結婚できないという男女が多いですが、同性の目から見ても、結構キレイで、話をしても好印象を持たれる人ばかりです。それでも、メル友募集掲示板でメル活すれば、モテる人がいるのです。

男女とも結婚したいから、婚活をしているはずなのに、なぜうまくいかないのでしょうか? そういう人は、メル活をすればいいのです。

ぜひ、メル活で、メル友探ししましょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メル友がタレントだったら

あなたは四六時中メル友のことを考えていますよね?

だから、実際にメル友に会ったり、話したりしている時間は少ないけれど

「感覚的」には好きな人との時間を過ごしてるんですよね。

私が、大好きなタレントのことを一日中考えて

恋しててもその恋が成功する確立は極めて低いことはわかりますよね?

だって、私がどんなにタレントのコトを好きでも

相手は私のこと全く知らないでしょ?

つまりですね、自分が相手のコトを考えてるからって

相手がそうだとは限らないってこと!!

って…言葉にしちゃうとすごく簡単なんだけど

結構勘違いしてる人は多いと思うんです。

こういう時って一種の暗示にかかっちゃうんですよね。

そして、やっぱりコレは勘違いしてるってことでしょ?

ここら辺をシッカリ認識しないと後で痛い目見ることになるよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

妻子持ちのメル友

メル友に片思いしている相手が、結婚していたらショックを受けますよね。

それを聞いたとき、きっと、みんなショックで落ち込むと思います。

私も似たような経験がありますが、そのときは、いくら冷静を取り繕うとしても、やはり、ショックでうろたえてしまいました。

彼が既婚者だと、たとえ、彼と両想いになれたとしても、犠牲になってしまう人が出てしまいますし、「不倫」の関係では、幸せになることは、とても難しくなってしまいます。

だから、たいてい、「彼が幸せなら・・・」と自分に言い聞かせて、片想いを諦めようとするはずです。

でも、心のどこかでは、「両想いになりたい」と願っている自分がいる・・・。

だって、「好き」という気持ちを、そう簡単には捨てることは、できませんから。

片思いのメル友の男性が妻子持ちだったということが、あったとします。

「好き」という気持ちは、自分でコントロールできないものなので、無理に断ち切らない方がいいと思います。

ですが、いつまでも、メル友の彼のことを引きずってしまっては、もったいないですし、実らない恋ほど辛いものはありません。やはり、新しい恋愛に目を向けることが大切です。

もちろん、片想いの彼がいるので、すぐに他の男性を好きになれるとは思えませんが、「新しい恋愛をしよう」と前向きに行動していくうちに、自然と気が紛れて、ツライ想いも薄れていくと思います^^

そして、しだいに、心に余裕が出てくれば、やがて、新しい恋に出会えるはずです。

別の男性を好きになれば、片想いの彼のことなんて、すぐに忘れることができると思いますよ。

今は辛いでしょうが、人生思い通りにならない事の方が多いものです。

前向きに頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メル友から恋への発展のタイミング

メル友と付き合うところまで考えるようになったら、彼があなたを意識し始めるまで、どんなに好きでも、決して『付き合う、付き合わない』など、結果を急いではダメです。

想いを伝えるのは自由だけど、いきなり、「あなたが好きです!」と告白してしまっては、「彼女がいるから・・・」と断られるか、彼のセカンド、サードとして、都合のいい関係にされてしまうのが関の山だからです。

想いを告げるよりも、彼と親友になって、信頼関係や親近感を高め、内面的な結びつきを強めることが大切。

たとえば、普段から何気ない会話をかわしたり、一緒に飲みに行ったりして、会う頻度を増やしていく。そこで、彼の仕事の話や趣味などをよく聞いて共感する。

これによって、しだいに彼は、あなたを「なんでも話せる」女性と思いはじめ、序々に悩みや夢を話してくれることでしょう。そして、だんだん、「本当に大切な女性はこの子だったんだ」など、彼自身のあなたへの意識も、きっと、『親友から特別な存在』に変化していくはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての経験に不安

今まで、恋愛する機会に恵まれなかったのですが、最近、ステキな男性にデートに誘われました。すっごく嬉しいのですが、実は、まだ処女なんです。年齢が年齢ですし、男性が知ったら変に思うのではないかと、とても心配です。

友達に聞くと、高校生で処女体験を済ませてしまう人も多いので、自分が「処女」だと不安になってしまうものです。

でも、決して変なことではないので、心配する必要はありません。男性も「処女」だから、変とは思わないですし、20歳過ぎても未体験の人は決して少なくないからです。

むしろ、男性側からすると、処女であることは、他の男性に手をつけられていないということで、逆にうれしく思うものです。

ただ、「処女」であることを気にしすぎると、Hや男性に対して、極端に恐怖を感じてしまうこともあるので、注意が必要です。不安ばかりが先行し、相手は誰でもいいとか、ちょっとした、知り合いと・・・ということだけは避けましょう。

そのような悩みも、時が経ち、ステキな男性に巡り合えば、自然と解決することですから、重く考えすぎないようにだけして下さいね^^

それに、ステキな男性といいムードになって機会に恵まれたら、「どうしたらいいんだろう?」と焦らずに、流れに身をまかせるだけでいいですよ。

Hまで、うまくエスコートするのも男性の役目なのですから!

男女の付き合いって、「処女」かどうかよりも、心が繋がっているかどうかが問題です。だから、Hする前にわざわざ、彼に処女であることを告げなくても構いません。

不安なら、「初めてだから、優しくしてね」くらいで。男性もきっとあなたに合わせて、優しく対応してくれるはずです。

仮に彼に処女かどうか聞かれたら、普通に「そうよ」と認めるくらいで構いません。理由を聞かれても、「ステキな男性に出会える機会がなかったから」と答えれば、彼も「オレって、彼女から想われているんだ」と、むしろ喜んでくれることでしょう。

これって、マイナスというより、むしろプラスに働きます。

処女と言うことを重く考えすぎて、せっかくのムードだけは壊さないように心がけて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »